【放送内容更新】日テレNEWS ZEROでJKビジネス特集-1日10万円稼ぐ女子高校生-『池袋GU探検隊』報道後に関連サイトのアクセスが急増

IMG_1861

NEWS ZEROで”JKビジネス特集”-池袋GU探検隊報道について-

 

8月3日午後11頃に日テレNEWS ZEROで”JKビジネス”『池袋 GU探検隊』の報道特集が放送されていた。日本テレビが3ヶ月以上の追跡取材を行った映像は非常に世間一般的にも注目されたようだ。

 

IMG_1862

IMG_1863

IMG_1865

放送の内容は日本テレビが『池袋GU探検隊』に在籍していたとみられる女の子に数ヶ月の間、地道に取材を重ねて”JKビジネス”の内情を探るという内容。それなりに衝撃的な内容ではあった。

 

【主な放送内容】

女子高校生が売春を持ちかける様子をとらえた。取材は去年夏に池袋で始めた。交差点で少女が中年男性らと会いホテルへ消えていった。取材を進め、JKお散歩店「G」のHPを見つけ客を装い取材した。A子と接触し話を聞くことにした。いつもマンガ喫茶やホテルなど2人きりになる場所に行くという。さらに売春を持ちかけてきた。記者は近くの喫茶店で話を聞くと17歳の高校3年だった。店のシステムは時間で料金が分かれ、全て店の売り上げになるという。売春などの稼ぎは自分の稼ぎになるという。経営者の男は自分で考え稼げと言っていたという。

 

記者がA子と別れた後、別スタッフが後を追いA子は繁華街から歩いて10分の雑居ビルに入っていった。事務所には5,6人の少女が出入りを繰り返していた。交差点周辺で目撃しただけでも26人の少女が待ち合わせをしていた。改めて店のHPのB子という少女に接触すると来月で16歳だった。さらに別の店でも売春をしたと話した。前の店でブログに高校1年生を意味する隠語「マルイチ」と書かれ予約があったという。B子は短期間で数百万円稼いでいた。A子は関東の高校に通う高校生だった。B子は都内の高校に通う高校1年生だった。

 

事務所前で取材を続けると仕事を終えた少女たちが出てきた。タクシーで向かった先は歌舞伎町のホストクラブだった。連日ホストクラブに通っていた。店から出てきた少女はホストと喫茶店に入った。そこで店の悪質な手口について語っていた。経営者の男は遅刻や連絡がないと少女らから罰金をとっていたという。また少女は経営者に15万円借りると利子がすごい付き払えないなら角膜を売るとなど脅されたという。取材から1年後、警視庁は経営者の男を児童福祉法違反の疑いで逮捕した。接客を終え店に戻った16歳少女に対し、5000円を渡しわいせつな行為に及んだという。男は容疑を一部否認している。

 

警視庁は問題に対し、有識者懇談会を立ち上げ5月に報告書を出し、出会った男性からストーカー行為やネット上での嫌がらせを受けたなど被害も寄せられているが、被害を言い出せない子もいて、被害の実態把握が難しいという。

 

 

【関連記事】

池袋『GU探検隊』店長が逮捕 女子高生にわいせつ行為 閉店か?

⇒池袋『GU探検隊』の店長が、現役高校生の女子生徒にわいせつな行為をしたとして『児童福祉法違反』の疑いで逮捕された。同店に7月18日土曜日に警察の立ち入りがあったという情報が…

 

放送後に”JKビジネス”関連サイトのアクセスが急増

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は各サイトとも復旧しているが23時30分頃のリアルタイムでは各所で閲覧数が通常ではあり得ないほどの数値になっていたようだ。
今回の報道でTVの影響力は非常に大きいという事が分かった。また世間的にも”JKビジネス”が今後より注目されていくかもしれない。