【店舗紹介】学園系美少女リフレ 池袋『キャンパリ』-『キャンパリ』を20回以上利用して分かったこと。-

up_100_1_0
(引用:『キャンパリ』

派遣型リフレの勢いがますます増えてきた2017年。店舗型は時機に厳しい・稼ぐなら派遣型…などと、様々な情報がある中…キャンレボは連日多くのお客・女の子が集まる。なぜだろうか?

先日リフレ客で集まった時このようなやり取りがあった。集まったのは5人のリフレ客の男性だ。

普段リフレに通う中で、お気に入りの子とかっています?自分はキャンパリの○ちゃんですね。キャンパリは最近新人さん・他店から移籍してくる子が多くなりましたね!

マジですか!自分もキャンパリの○ちゃん会いに行きますよ!可愛い子多いですよね。

お二人ともキャンパリで(笑)私もです。その子じゃないけど×ちゃんいいっすね!

5人集まって3人がキャンパリの常連という事実。

リフレ店に通う2人に1人が、キャンパリのファンといっても過言ではないかもしれない。

多くの人気嬢を輩出する池袋『キャンパリ』


あやかさん(現:ラブプラス)・くみさん・ひよりさん・ねねさん・えりんぎさん・ここなさん…多くの人気嬢を輩出してきた『キャンパリ』。働く側からも『キャンパリ』に在籍すれば常にこの業界の「正しい情報」が手に入るのも事実だ。

・黒髪清楚の美少女が純粋に多い

・在籍数が多い

・お客様の分母数が多いので稼げる土壌が完成している。

リフレ店に通う人なら『キャンレボ』この3つのイメージがすぐに浮かぶと思う。今回は私自身が一番脚を運んでいる同店について考察してみた。

『キャンパリ』を20回以上利用して分かったこと

◆モンスターリフレ嬢あやかさんを輩出したノウハウ・プロリフレ嬢を輩出


☞モンスターリフレ嬢と言われている”あやかさん”は過去にキャンレボ(JELLY)に在籍していた。現在は協力店『渋谷ジュエリー』に在籍。あやかさんが意識していた接客方法は『恋人接客』というものだ。確かに、キャンパリで人気がある女の子は『恋人』を演じている。OPを入れなくても手を繋いで身を寄り添ったりしたりする工夫はプロリフレ嬢といっても過言ではない。

◆誰に対しても同じ接客をしない。

女の子自身が”稼げる接客術”を知っていて確実にそれを実行する。”稼げる接客術”を受けたお客さんの満足度は非常に高い。誰に対しても同じ接客をしない。裏オプなどの”行為”ではなく”癒し”を提供しているのだ。”承認欲求”を満たしてくれるので、またすぐ会いたくなる不思議な気持ちを抱くのだ。

◆裏オプをする子は予想より少ない。

☞裏オプをすると長期的に稼ぐことが難しい。

(裏オプは同一客からリピートされにくい、新規しか来ない)

◆女の子同士の雰囲気が良い。

☞店舗の雰囲気は実際に在籍する女の子が話していたが”文化祭”だ。待機所の雰囲気などからも、それは分かる気がする。友達同士での入店・出勤も多い。女の子同士競争をしたりしない。それぞれの女の子の良い所をお互いが尊重し合う。

◆”キャンパリブランド”は向上心

女の子一人一人がキャンパリに在籍していることに対して誇りがある。向上心をもっている。

◆”可愛い子の周りには可愛い子が集まる。”類は友を呼ぶ。

☞業界未経験の女の子も周りに刺激されて工夫をする。結果的に良い女になる。

◆キャンパリは割と健全店。

☞馬鹿な事をする常連が圧倒的に少ない。なぜなら女の子に嫌われたくないからだろう。”オプション”を好きなように選択して、二人だけのイチャイチャを楽しめる癒しの空間。*『風俗にもキャバクラにも無い二人だけの【何か】がそこにはある』のだ。(*引用:『JKリフレえりんぎのブログ』

◆キャンパリコースで色々な女の子に触れてもらう工夫。

☞お客さん自身も色々な子と遊んでみたい好奇心がある人が多い。

◆”キャンパリ”に行けば楽しめるという安心感。

お客さんも池袋なら”キャンパリ”に行けば楽しめるという安心感。平日は12人以上出勤・土日は最大24名出勤。寄せ集めではない。

◆高校時代を思い出させるあの懐かしい雰囲気。

☞キャンパリの雰囲気は本当に独特だ。まるで高校時代を思い出す雰囲気が店内に漂っている。

ざっと思いついただけでもこれだけの『キャンパリ』の特色があるのではないかと思った。やはり”一生懸命頑張っている子”は応援したくなる。会いたくなるものだ。今後も同店には通い続けたいと思う。


*池袋『キャンパリ』*

シェアする

フォローする