【メンズエステ】川崎『姫SPA』体験談-普段リフレに通う男性が初めてメンズエステに行ってみた!-


img-mv



こんにちは!癒しのリフレです。リフレ店の体験談を主に扱っている、当ブログでは珍しく、今回は『メンズエステ』に訪れた際の体験談をお送りします。今回訪れたのはJR川崎駅にほど近いメンズエステ店『川崎 姫スパ』です。それではいきましょう!

『姫スパ』ってどんなメンズエステ店?

『姫スパ』は東京都目黒・神奈川県川崎市に2店舗を展開するメンズエステ店。『リフレ』も『メンズエステ』もリフレクソロジーという部分では重なる部分があるのではないでしょうか。


今回は知人の紹介で同店に興味をもって訪問を決めました。私自身は初めての『メンズエステ』の体験となり、メンズエステ店とはどのような雰囲気なのか?非常にドキドキしながら店舗へ向かいます。

JR川崎駅に到着です。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-15-15-07-37

今回利用した『姫スパ』は川崎駅東口を出て徒歩5分程度。



37番街商店街を抜けた先に店舗があるようです。

37番街商店街を抜けると店舗に電話を入れて場所を確認することになっているようです。
※アクセスの詳細はこちら。


もしもし!予約していた○○ですが。

ご予約ありがとうございます!そうしましたら…。


『姫スパ』に電話をかけると男性スタッフが対応してくれましたが、丁寧に道順などを案内していただき、非常に好感がもてます。私自身、川崎には何回か脚を運んだことがありましたが、土地勘がない場所では店舗さんの電話を頼りに向かうことが多いので丁寧な電話対応は非常に助かりました。

高級ワンルームマンションでドキドキの対面?

店舗に電話をして場所を案内しておらうと…そこは川崎駅から徒歩7分程度の高級ワンルームマンション。エントランスに入っても非常に綺麗だ。

部屋の前に到着するとインターホンを押す。すると、女性のセラピストが丁寧に迎え入れてくれる。ルームは1DKほどの部屋を一室まるごと使用した2人っきりの贅沢なリゾート風アロマ空間だ。間接照明やインテリアひとつひとつにもこだわりがあり、非常に豪華で落ちいた雰囲気。

シャワールームも非常に綺麗で、洗面台には各種アメニティーなどがそろっている部分も嬉しい。

今回、指名したのは「Mさん」という女性。年齢は20代。身長は160㎝程のモデル系の女性でなんとFカップの女性であった。



玄関口を開けて、出迎えていただいたときも…


本日は『姫スパ』を選んでくださりありがとうございます。

と非常に丁寧でお客さんの雰囲気を察して”焦らずゆっくりとしたご案内”を心がけているように感じた。


部屋に到着すると暖かい飲み物を差し出してくれる。談話をしばらくしていると、飲み物を飲みながら『カウンセリングシート』というものを書くようだ。



この”シート”は「セラピストとどのような空間を楽しみたいのか。」例えば…「癒されたい」・「お話を中心に」・「マッサージを特に念入りに」など、お客さんの嗜好に合わせたオーダーが可能になっている。



また、全身の見取り図のようなものが印刷されており、特にマッサージを受けたい箇所などを施術前に指定することも可能なようだ。このカウンセリングシートを事前に書くようでお客さんがどのようなサービス&マッサージを望んでいるのかが、セラピストも把握しやすいという点では、お客さん側からみても、非常に気が利くものだと思いました。「カウンセリングシート」を書き終わると、早速シャワーを浴びます。



ここでMさんの気が利く優しさを発見します。

私が『シート』を書いている最中に、お湯の温度調節やこの時期には気になる床の冷たさを先に考えて、シャワールームを暖めてくれていたのだ。メンズエステ店が初めてな私はこのような小さな心使いにきゅんと嬉しくなる。”小さな気遣いからのおもてなし”からの『癒しの空間の提供』が序盤からも感じられたのは間違いない。



シャワーを浴び終わると「紙パンツ」に着替えます。

『姫スパ』の紙パンツはT型のいわゆる「よこすか型」隠れる部分が最低限しか隠れていない紙パンツだ。履きなれない紙パンツに着替えるとドキドキしますね。

アロマリゾート風な空間で至高の癒しを。

シャワーを浴びると、部屋の奥にあるマッサージルームへ彼女が案内してくれます。


c0szqrluqaaou_v

(引用:『姫SPA』公式Twitter

『姫スパ』の特徴は、ワンルームを贅沢に使用したアロマリゾート風の部屋。そして施術をするベッドの隣、前方に大きな鏡が特徴的だ。

この大鏡をマッサージ中に使用することで、セラピストの姿を見ながら会話などコミュニケーションをとることが出来ます。この点は非常に面白い。


そしたらまず…うつ伏せでお願いします♪オイルを塗っていきますね。

Mさんと会話を弾ませていくと、彼女はエステセラピストとしては半年以上の経験をされているとのこと。その実績もあり…時には優しく、コリが激しい部分には特に力を入れるなど…脚・背中にオイルを塗りながら「絶妙の力加減」でカウンセリングシートに記入した、念入りにマッサージしてほしい部分を中心に時間をかけてマッサージしてくれます。メンズエステ店のマッサージは「本気度が違う」と身をもって感じました。


しばらくすると、ふとももの裏に彼女はまたがりはじめ、背中を中心にアロママッサージが始まります。



ふとももの裏に座ったときに肌に感じる「暖かさ」・「肌と肌の感触」はメンズエステ特有の感触です。メンズエステ店では勝手な想像で「胸」が強調されがちなイメージがありましたが、「肌と肌の感触」で暖かみを感じるのは胸だけではなく、全身をつかった施術なのが『姫スパ』なのだと感じます。



徐々にマッサージは背中上部へ。このタイミングではMさんは「凝っている部分を察して」ツボを中心に、ほどよい力かげんでほぐしてくれます。美女に心身ともに癒されるとはこの瞬間なのは間違いないでしょう。



この時、彼女の体制はまえのめりな状態。彼女を鏡超しにみるとFカップの胸がはだけそうな具合だ。



前述した「大きな鏡」を駆使することで、セラピストの美しいボディーラインを見ながらトークを楽しむ。仰向けだと何も見えないと思いがちですが、『姫スパ』にあるこの大鏡は仰向けマッサージのときに力を発揮するのだと確信しました。



徐々に彼女は背中に密着していく形で全身アロマの体制へ。メンズエステ特有の”いちゃいちゃ具合なマッサージ”が始まります。Fカップもあろう大きな胸がアロマ越しに伝わるのが感じられます。



そして、メンズエステのドキドキが多いといわれる「仰向け」になってマッサージが始まります。やはり…仰向けになった方がお互い顔を見て話せるので私は好きです!序盤は脚の裏からふとももにかけて念入りにツボを押していきます。
やはりこの時も体制は前かがみになります。はだけそうな彼女の胸が視界できっちりと確認できます。Mさんとはメンズエステについての話・グルメな話などをしました。お酒が好きなようでこの仕事後もお友達を飲みに行くとのことです。



そんな和気あいあいとお話していると、彼女の手は徐々にふとももを超え「鼠径部」へと…体制も前方の前のめりから、横に添い寝をする形で「鼠径部」のリンパを刺激しながら…徐々に指をつかってをマッサージしていきます。この時の彼女の表情が非常にエロ可愛い。こちらの反応をうかがいながらマッサージを念入りに行います。



神パンツがT字型のスカスカなのもあり、もはやパンツの役目を果たしていないというのが正直な絵。途中○首を刺激しながら責め立てるのもS気があってなかなか楽しいです。

しばらくすると上半身のマッサージへと移ります。彼女は自分が仰向けになっている頭上部分にきょとんと四つん這いになると手首をスタートにマッサージを開始していきます。


ここが一番「至高の時間」かもしれません。頭上に四つん這いということは手首をマッサージ中、目の前にFカップのおおきなものがあります。しばらくすると、顔面にやわらかいものが当たり始めます。彼女もキス寸前の位置まで顔を近づけて色々と…徐々にお互いヒートアップしそうですが…しかし、メンズエステの掟『セラピストに故意的に触れてはいけない』が頭にあります。両手はマットに自主固定しつつ楽しめる部分は楽しみましょう!(笑)
するとMさんは…


気持ちいい?

一言で表すなら「爆発寸前」。

この上半身マッサージの時間が非常に長かった気がします。



まさに”最高の生殺し”かもしれません。



しばらくすると…楽しい時間はあっという間です。タイマーがなり60分間が終わってしまいました。


ごめんなさい!もう終わりになります…♡

施術後は新しいバスタオルを彼女にいただいて、
シャワーを浴び服へ着替えると5分程、談話して玄関へ。


今日はありがとうございました!初めてのエステを私がやらせていただいて嬉しかったです♡

最後まで彼女は謙虚な姿は変わらず、非常に優しい女の子なんだなあと感じました。やはりマッサージ前とマッサージ後では明らかに、背中を中心に身が軽くなったような感じがします!「至高のマッサージ」を受けた優越感にひたりながら帰路につくことにしました。

まとめ

今回は私自身が初となる『メンズエステ』として川崎『姫スパ』さんを利用しましたが、川崎駅徒歩数分というアクセスに、高級ワンルームを使用した『2人だけの癒しの空間』そして、セラピストさんの気遣いやマッサージ自体のレベルも非常に高く、初のメンズエステ利用としては『大満足』の体験となりました。



同店のセラピストは20代の方がほとんどで、しかしながら、マッサージ自体のレベルも非常に高い店舗だと感じました。『メンズエステ』は風俗店と異なり「ぎりぎり」の部分まで攻めてマッサージを行う、けしてお客さんはセラピストの身体に故意的に触ってはいけないものの『五感』で楽しむ『癒しの空間』。



いってしまえば普段私が好んでいる、恋人気分を味わいながら『究極の生殺し』を楽しむ経験となりました。川崎にこのようなレベルの高い店舗があったのですね。また川崎を訪れた際には再訪もぜひ考えたいと思いました。ありがとうございました。

シェアする

フォローする