【体験談】秋葉原『リフレ東京キラメキ』あきちゃん 体験談-密着系添い寝で心も暖かく…-

 

20141104194443_1851_photo1
(出典:『リフレ東京キラメキ』

 

IMG_3152

秋葉原はリフレ店のメッカだけに様々な店舗がある。中央通りから徒歩20秒の場所に、2014年から営業を続けるとある老舗的リフレ店があるのだ。そのリフレ店が入っているビルの名前は『チチブデンキビル』。
 
 

そう秋葉原によく脚を運ぶ方なら聞いたことがある場所かもしれない。秋葉原が映画『電車男』などで有名になった2004年頃、当時『おでん缶』というものが流行っていた。

 
 
当時はそのビルに多くのおでん缶の自動販売機が設置されていて、大変賑わっていたのを思いだす…そんな秋葉原の過去の観光スポットにある、老舗的リフレ店『リフレ東京キラメキ』に遊びに行った際の体験談をお送りします。

 

初!「リフレ東京キラメキ」に訪問

 
 
秋葉原の同店舗の近くを通ると…ビラ配りをしている子に、遭遇したことがある方もいるんじゃないかなと思います。

 
 
IMG_3449

店舗の前に到着。このビルの5階に『リフレ東京キラメキ』が営業している。秋葉原のリフレは利用することが多いエリアだが、今回が初めての訪問です。
 
 
IMG_3444

エレベーターに乗って5階へと向かいます。
 
 
店舗の受付では店員さんが丁寧にメニューを紹介してくれる。『リフレ東京キラメキ』では以下のようなメニューがあります。

 


・学園系リフレコース
☞基本リフレのコース

・コスプレリフレコース
☞基本リフレと一部コスプレが無料のコース。

・添い寝リフレコース
☞基本リフレと時間内添い寝し放題のコース

・リフレ東京スペシャルコース
☞基本リフレと人気OPがし放題のコース

詳細は“公式HP”

 

普段リフレに遊びにいく私は、「添い寝をしながらコミュニケーションをとる」ことが多いので、今回は『添い寝リフレコース』を選択しよう。
 
 
オプションし放題のコース『リフレ東京スペシャルコース』も非常にコスパが良さそうなので悩みどころ…初回なので今回は癒されながらお話中心でいこうと決めた。

 
 
そして、初回ゆえに女の子の情報がまったくわからない…なのでここは受付のお兄さんのオススメの女の子にしよう!

 

初回なのでオススメの子がいいです!愛嬌重視で!

 

そうですね。あきちゃんなんてどうでしょう?人気の女の子です。

 
店員さんのオススメは『あきちゃん』という女の子。チェキを見してもらっても、なかなかクールビューティーな雰囲気の女の子だった。その子を指名することにしよう!
 
 

リフレ経験浅!初々しさ抜群な彼女に…

 
 
部屋に案内されてから数秒で『あきちゃん』が登場!
身長は158cm前後、ロングヘア―のお姉さん系の女の子だ。

 

初めまして!よろしくお願いします♡

 
『あきちゃん』の第一印象は、挨拶が非常に丁寧だった。今回は60分の添い寝コース。前半はお互いの緊張をほぐしつつ、途中から添い寝で癒されたらな…と頭の中で時間配分を決めていた。

 
 

やはり、お互いに『初めまして』だとどうも緊張してしまう(笑)
しかし、『あきちゃん』は積極的にコミュニケーションをとってくれる。

 

外寒いですよね。ハンドマッサージしますね!♡

 

「にぎりこぶし1つ分」の距離感を保ちながら、あきちゃんはハンドマッサージを始めてくれた。
 
 
『基本リフレコース』のハンドマッサージ等もぬかりなく、自分から進んでしてくれる姿は非常に嬉しい。

 
 
しばらくお話をしていると、
お互いに緊張が和らいでいく…
 

あきちゃんは、リフレを始めてどれくらいなの?


去年の11月に始めたんで、3か月目くらいになります!


 

あきちゃんとはアニメの話やアイドルの話で非常に盛り上がった。
気が付くと60分のうち20分が過ぎようとしていた…

 
 

リフレでは序盤でオプションを求められることがあるのも事実。しかし彼女は、お客さんのペースに合わせてお話を積極的に楽しませてくれる。
 
 
 

密着系添い寝で心も暖かく…

 
 

しばらくお話して、お互い緊張もほぐれてきたところで『添い寝コース』の醍醐味…添い寝を楽しみたいと思う。

 

じゃあ…添い寝はじめよっか!♡

 

お互いに横になりながら、
あきちゃんの肩に手を伸ばし…
腕枕のような画になる。

 
 
あきちゃんを隣にすると、女の子の「シャンプーの匂い」がほのかに感じられる。
 
 
普段の生活では10代の女の子を横に「添い寝」などできないし…ある意味この「添い寝」の時間は「非現実的な空間」だ。
 
 
まるで暖かい時間が止まったように感じる。日々の疲れなどもこのときばかりは忘れてしまいそうだ。
 
 
「添い寝」といえば様々な形の添い寝がある。
あきちゃんは男性の胸に密着して添い寝をするタイプだ。
 
 
様々なリフレ店に脚を運ぶとこの「距離感」も様々で、女の子次第という部分が大きい。
 
 
だけど彼女は、精一杯の「密着系添い寝」だった。非常に満足できるのは間違いないないだろう。
 
 
「密着系添い寝」だけに自分の胸のあたりに彼女のふくらみ?部分が当たる…。
添い寝では女の子の暖かみを感じながら「癒される」のが個人的な醍醐味だ。
 
 
あきちゃんとは談話を続けつつ楽しい時間が続く…。途中脚を絡めようとすると、彼女も同じく脚を絡めるようにしてさらに密着。
 
 
添い寝というよりは『添い寝ハグ』と表現したほうが分かりやすいかもしれない。この行動からもわかるように彼女は一生懸命だ。
お互いに顔を見つめるとその距離は15cmほど…。

 

うふふ。ラブラブだね!♡

 

「リフレの醍醐味」はこの瞬間かもしれない。可愛い女の子を隣に、いちゃいちゃを楽しむ。
 
 
確かに男性にしてみれば…色々とこみあげてくるモノはあるが、そこをあえて我慢することで「特有の高揚感」が得られる。
 
 
別の言い方をすれば『生殺し』かもしれないが、生殺しだからこそ得られる『癒し』もあるのだ。

 
 
例え会話が途切れても「暖かい空間」がそこにはあった。暖かさを感じながら添い寝をしてるだけでも眠くなってしまいそうだ…。

 

するとあきちゃんは…

 

もっとなにか…しますか…♡?

 

“何か”とは何なのだろう…?これは実際行った人しかわからないかもしれない。女の子によっても出来るオプションが異なるのも、リフレの楽しい部分だ。もしかしたら…もっと楽しいこともできるかもしれない。
 
 
うーん、、どうしよう。10秒ほど考えていると…すぐに終わりを告げるタイマーが鳴ってしまった。。やはり時間配分は大事だと痛感した出来事だった。お客さん用のタイマーがあると案外いいかもしれないなんて思ったり(笑)
 
 
 

まとめ

 
 
今回初めて訪れた『リフレ東京キラメキ』は秋葉原中央通りで2014年から営業を続ける、老舗的リフレ。
 
 
様々なリフレ店がオープンしていくなかで…『癒し空間』を提供し続ける、お客さんに愛される店舗づくりが感じられた。
 
 
指名した『あきちゃん』もリフレを始めて3か月という時間の中で『背一杯癒しを提供してくれる女の子』であった。最後のあきちゃんからの提案『もっとなにかしますか♡?」から感じられるように…もっと楽しいことが出来たかもしれない。

 
 
だけど、それはまた次回の楽しみにしよう!初めて利用する店舗で今回のように密着系添い寝で満足できる体験を出来て非常に嬉しかった。あきちゃんありがとう!
 
 

店舗情報

 

店舗名 『リフレ東京キラメキ』
TEL 03-6206-4449
住所 東京都千代田区外神田3-12-15 チチブ電機ビル5F
営業時間 平日:16時~23時 

休日:14時~23時

HP ★公式HP★

★公式twitter★

システム 詳しくはこちら